ダ・ヴィンチ - ワラウ

依存症の矯正、性格の書き換え、軍事利用も可能に…。倫理観が問われる禁断の脳刺激治療はアリ?

2020年11月12日

  • 闇の脳科学「完全な人間」をつくる
    『闇の脳科学「完全な人間」をつくる』(ローン・フランク:著、仲野 徹:解説、赤根洋子:訳/文藝春秋)

     ローン・フランク著『闇の脳科学「完全な人間」をつくる』(仲野 徹:解説、赤根洋子:訳/文藝春秋)は、脳に強烈な電気ショックを与え、人格を変えるという治療法を巡るノンフィクションである。そもそも人間の人格や自我はどのような仕組みでできているのか、という根源的な問いを含むものでもあり、読む者の倫理観を試すような事実が明らかになっている。


     主題となるのは、昨今米国の脳科学界を席巻している脳深部刺激療法(DBS)である。この療法ではサイコパス、依存症、うつ病、てんかん、パーキンソン病、そして小児性愛、性犯罪者さえも矯正ができると言われている。また、軍事の領域で転用すれば、冷徹な兵士を人工的に生み出すこともできるという。諸刃の剣といっていい療法である。


     これだけなら脳科学のトレンドで終わるところだが、本書はDBS研究のパイオニアであるロバート・ヒース博士の実像に迫る。90年代に始まったとされていたDBS研究だが、ヒースは50年代にその先駆けと言える研究に取り組んできた。

    続きを読む