ダ・ヴィンチ - ワラウ

「何をつぶやけばいい?」と悩むフツーの人向けSNSの教科書。全員がインフルエンサーにならなくていい!

2020年11月13日

  • 『「普通」の人のためのSNSの教科書』(徳力基彦/朝日新聞出版)

    「今の時代はSNSが名刺代わり」「個人のブランディング発信力を高めよう」――SNSで影響力を持つインフルエンサーは、口をそろえてこう語り、SNSの活用はビジネスマンの必須スキルとみなされ始めている。とはいえ、誰もが“バズる”ツイートを連発し、ファンを作って有料noteでマネタイズ…というわけにはいかない。「本当にSNSは自分の仕事にも役立つのか?」と疑問に思っている人も多いのではないだろうか。
     
     そこで、『「普通」の人のためのSNSの教科書』(徳力基彦/朝日新聞出版)を紹介したい。本書は、ごく一握りのインフルエンサーを目指すのではなく、「普通」の会社員がSNSを仕事に役立てる方法を指南。「SNSだけで月○○万円稼ぐ」という方向性ではなく、SNSを仕事の輪が広げる“きっかけ”にする使い方だ。多くの人にとって、「これならできるかも」と思える内容のはず。まずは、SNSが実際にどう仕事に役立つのかを再確認しよう。

    続きを読む