ダ・ヴィンチ - ワラウ

『サザエさん』波平とフネの“あたたかい夫婦愛”に感動の声「泣いてしまった」

2020年11月22日

  • サザエさん
    『サザエさん』14巻(長谷川町子/朝日新聞出版)

     11月15日に放送されたアニメ『サザエさん』で、波平とフネの“あたたかい夫婦愛”が描かれ、視聴者からは感動の声が続出している。


     話題のエピソードは、作品No.8180「父さん、花を買う」。ある日の帰り道、波平は同僚が「日頃の感謝のしるしに」と花を買っているところに遭遇する。「そういえば感謝の言葉ひとつとしてかけておらんな」と反省しつつも、自ら花束を渡している姿を想像しては「わしには無理だ」と躊躇。後日、花屋の前でうろうろして「どうも入りづらいな」と冷や汗をかきながらも、赤い花の花束を購入し、家路へとつく。しかし、道中で知り合いを見つけると、咄嗟になじみの居酒屋へ避難。ひょんなことに、この日はその店の開店10周年記念日だったようで、話の流れからつい花束をプレゼントしてしまう。


     この夜、フネは波平の胸ポケットに落ちていた“あの花束”の花びらを発見。波平はつい「そういえば、電車のなかに花束を持った客がいた」とウソをついてしまう。しかしその翌日、フネはノリスケから「昨日波平が花束を持って歩いているところに遭遇した」との目撃情報を得るやいなや、波平とフネは口論へ。

    続きを読む