ダ・ヴィンチ - ワラウ

西武多摩川線も意外にすごいんです!『散歩の達人』編集長コラム

2020年12月22日

  • 散歩の達人
    『散歩の達人』1月号(交通新聞社)

     こんにちは。散歩の達人編集長の土屋です。


     オリンピックどころかコロナ禍も収まらないまま終わろうとしている2020年。2021年こそはぜひアフターコロナの世界を散歩したいものです。


     さて、今月号の特集エリアは「三鷹・武蔵境・小金井」。新宿から中央線を20分乗ると、車窓から見える景色はだんだん広々してきて、ちょうど自然と住宅地の距離感が素敵になるエリア。小金井公園、野川公園を筆頭に大きな公園や周辺に点在する畑などが目につきますが、もちろんこだわりカフェや本屋さん、こだわりの個人店も点在。さらに住民同士のつながりも深く、広大なようでいて案外みんなが顔見知り。“広いけど狭い”のがこのエリアらしさなのです。


     誰にとっても心地いい距離感は、きっと冬の散歩もあったかくさせてくれるはず。ぜひ広いけど狭い“中央線的スモールワールド”をお楽しみください。


     今回のコラムでは、企画に上がってはいたものの、泣く泣く諦めた西武多摩川線の紹介を。じつは私、2010年9月号で西武多摩川線の各駅をうろうろ歩き回って記事にしたことがあるのです。そのときは各駅にほとんどネタがなくて大変だった覚えがありますが、10年後の今ならどうでしょう? 一人でうろうろ歩いてみました。

    続きを読む