ダ・ヴィンチ - ワラウ

地質学的に「東北地方太平洋沖地震」のメカニズムを検証! 徹底調査で、知られざる地球の歴史をひもとく

2020年12月24日

  • カラー図解 地球科学入門 地球の観察――地質・地形・地球史を読み解く
    『カラー図解 地球科学入門 地球の観察――地質・地形・地球史を読み解く』(平朝彦、国立研究開発法人 海洋研究開発機構/講談社)

     小惑星探査機「はやぶさ2」が、地球と火星の間を公転する小惑星リュウグウの岩石サンプルを持ち帰って来たことが話題となっている。宇宙へと到達している人類だが、未だ地殻の下にあるマントルへは至っていない。まだ誰もマントルを見たことがないのだ。


     宇宙よりも身近な地球には、まだまだ解明されていない謎がたくさんある。そんな興味を掻き立てるのが、地球科学の話題がギッチリと詰まった『カラー図解 地球科学入門 地球の観察――地質・地形・地球史を読み解く』(平朝彦、国立研究開発法人 海洋研究開発機構/講談社)だ。著者は地質学者の平朝彦先生。海洋研究や地球物理学研究のために設置された国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)の理事長を2012~19年まで務め(現在は顧問)た、海洋地質学・地球進化論を専門とする平先生が、15年以上前から構想を練っていたというだけあり、圧倒的情報量を誇っている。

    続きを読む