ダ・ヴィンチ - ワラウ

「批判するだけ」は本当にダメなの? “代案”をめぐる意見に賛否分かれる

2021年1月6日

  •  議論を行う際には相手の意見を尊重しつつ、しっかりと批判を行うことが大切。ですが“代案”を用意しない批判は建設的ではない、という考え方もあるようです。今回はそうした議論の方法についての様々な見解を紹介していきましょう。


     先日SNS上で、「代案を出さずに問題点を指摘すること」を擁護する意見が投稿されていました。投稿者によると、問題点が発覚したときに代案を考えているとその分対応が遅れてしまうといいます。また“問題点を見つける才能”と“代案を見つける才能”は別なので、それぞれ別の人が担当するのが適切。問題点を公開することで、複数の人が代案を考えられるというメリットも主張していました。


     この意見はネット上で大きな注目を集め、賛否両論を巻き起こしています。賛同する人からは「代案を出せって空気のせいで発言しにくくなるし、まともに議論が進まない」「点検する人と修理する人は別なのにね」といった声が。また「社会人の初等教育で“問題提起と解決策はセット”と叩き込んでしまうことが深刻な問題を招いている」という意見も上がっています。

    続きを読む