ダ・ヴィンチ - ワラウ

人間のすべてを飲み込む新宿・歌舞伎町の知られざる姿 元カリスマホストが語る夜の街のリアル

2020年12月29日

  • 『新宿・歌舞伎町 人はなぜ〈夜の街〉を求めるのか』(手塚マキ/幻冬舎)

     最近なにかと話題にあがるのが、夜の街。特にアジア最大級の歓楽街、新宿・歌舞伎町は、このコロナ禍で冷たい視線を向けられることもあるようだ。だが、ここは誰のどんな事情も受け入れ、1人の人間として再スタートできる場所。外にいては見えない、懐の深さがあるという。『新宿・歌舞伎町 人はなぜ〈夜の街〉を求めるのか』(手塚マキ/幻冬舎)は、そんな歌舞伎町のリアルな姿が知れる1冊だ。
     
     著者の手塚さんは、元カリスマホスト。19歳でホストの世界へ飛び込み、23年間、歌舞伎町で生きてきた。現在、経営者となった手塚さんが不夜城の中で見てきたもの――それは、挫折や孤独、欲望など人間のすべてを飲み込み、受け入れる夜の街の優しさだという。


     意外かもしれないが、歌舞伎町では渋谷のような暴動が起きない。それは防犯カメラが多かったり、交番が近かったりすることだけが理由ではなく、住人たちが「共生はしないが共存はする」というスタンスを守っているからだという。ここではこれまでの過去や肩書き、性別などは一切関係ない。人々はみな、他人のテリトリーに対して敬意を持ちつつ、最低限のモラルを守りながら、自分のテリトリーを大事にしている。

    続きを読む