ダ・ヴィンチ - ワラウ

「傭兵の給料はどれくらい?」「戦場では何を食べている?」──傭兵経験者が語るリアルな傭兵ライフとは!?

2020年12月29日

  • 日本人傭兵の危険でおかしい戦場暮らし
    『日本人傭兵の危険でおかしい戦場暮らし』(にしかわたく:イラスト、高部正樹:著/竹書房)

    「傭兵」――この言葉を聞いて『エリア88』や『B・B』といった漫画が浮かんだ諸氏は、割と古参の漫画好きかもしれない。傭兵とは雇われの兵士であり、早い話が金などの報酬で戦闘を請け負う人々である。平和な日本ではあまり馴染みがないかもしれないが、もちろん架空の存在ではなく実在する。そして日本においても僅かながら、傭兵を生業とした人々は存在するのだ。『日本人傭兵の危険でおかしい戦場暮らし』(にしかわたく:イラスト、高部正樹:著/竹書房)は平和な日本では想像できないような戦場暮らしを、傭兵の視点から時に楽しく、時に悲しく描き出している。


     この漫画で傭兵として描かれる高部正樹氏は、幼少から軍人に憧れていたという。パイロットを目指して航空自衛隊に入隊するも、訓練中のケガが原因で除隊。それでも歩兵ならばと考え、どうせなら実戦を経験すべく傭兵としてアフガニスタンへ渡ったという。そこから引退するまでの約20年間、高部氏は各国の戦場を転戦してきたのである。そんな氏だからこそ語れるリアルな傭兵ライフであり、驚きのエピソードも満載。その中でも特に気になったものを紹介しよう。

    続きを読む