ダ・ヴィンチ - ワラウ

月や火星に住む日も近い!? 宇宙と生命の“すごい”最前線を知るための1冊

2021年1月10日

  • 宇宙と生命 最前線の「すごい! 」話
    『宇宙と生命 最前線の「すごい! 」話』(荒舩良孝/青春出版社)

     12月6日に、「はやぶさ2」の放出したカプセルがオーストラリアに着地し、無事に回収された。世界で初めて小惑星の物質を持ち帰ることに成功した「はやぶさ」が話題になったのは、もう10年以上も前のこと。当時のJAXA(宇宙航空研究開発機構)の関係者がTwitterで、ロボットアニメのエンディング曲『宇宙の星よ永遠に』を聴きながら仮眠することをつぶやいていたのを、今でも憶えている。


     そして、名前を継いだ「はやぶさ2」が採取した小惑星の物質によって「生命の起源」と「太陽系の起源」が分かるのではないかと期待されており、その物質の分析はこれからだが、続報が報道されても意味を理解できなければ聞き流してしまうかもしれない。そこで予習と復習を兼ねて、『宇宙と生命 最前線の「すごい! 」話』(荒舩良孝/青春出版社)を手にしてみた。


     そもそも「生命とは何か」と問えば、顕微鏡などを使って目に見えない微生物を観察する手段の無かった昔は、生命を定義づけることさえ遠く及ばなかった。では、科学技術が発達して微生物の観察が可能になりその課題を解くのが可能になったかといえば、そう単純にはいかない。細菌は生物だとしても、人類を悩ませている新型コロナウイルスのようなウイルスという「生命、非生命のどちらともいえないようなもの」まで発見されたため、ますます生命の定義づけは困難になってしまったのだ。それでも現在のところ、生命の定義は次の3つを満たすものと仮定されるに至った。

    続きを読む