ダ・ヴィンチ - ワラウ

正月休みに最適! 衣・食・住にズボラな主人公が登場するマンガ3選

2021年1月1日

  •  年末、大掃除が終わって1月1日の元日に朝から晩までゴロゴロするのは至福の時間ですよね。とくに今回の年末年始は帰省を自粛する人が多く、これまで以上に“ズボラ”なお正月を過ごしてしまうかもしれません……。もちろん、ダラダラするのは悪いことではありませんが、正月ボケを引きずったままでいるのは考えものです。


     そんなときは、主人公が自分のズボラさと向き合う物語を読めば、2021年を前向きにスタートできるはず! そこで、“衣・食・住”それぞれにズボラなキャラクターが登場するマンガをご紹介します。


    服を着るならこんなふうに
    『服を着るならこんなふうに』(縞野やえ:著、企画協力:MB/KADOKAWA)

     同作の主人公は、ファッションにまったく興味がないまま27歳になった男・佐藤。平日はスーツを着た社畜として全力で働き、土日はパーカーとスウェットでゲーム三昧……ファッションにズボラな日々を送っていました。妹の環に「リアルにおっさん」と罵倒されてもどこ吹く風。そんななか、小学校の同窓会の幹事を任されて同窓会の打ち合わせに向かった佐藤は、友人たちの変貌に衝撃を受けます。昔はファッションのファの字もなかった友人たちが、服を楽しむ大人へと成長していたのです。おしゃれな友人たちに囲まれて居心地の悪さを感じた彼は一念発起。環をアドバイザーに据えて、ファッションの基本を学びはじめます。

    続きを読む