ダ・ヴィンチ - ワラウ

家計や進学のためにバイトを掛け持ち…見えない貧困「高校生ワーキングプア」の実態

2020年12月31日

  • 『高校生ワーキングプア―「見えない貧困」の真実―』(NHKスペシャル取材班/新潮社)

     数年前パートで働いていた時、おしゃれな高校生が家にお金を入れるためにアルバイトを複数かけもちしていることを知り、「偉いね」と返した。深い事情も知らなかったから、イマドキの子はしっかりしてるんだなと思ったのだ。
     
     だが、もしかしたら、あの子には「親孝行者」という言葉では片づけられない事情があったのかもしれない。『高校生ワーキングプア―「見えない貧困」の真実―』(NHKスペシャル取材班/新潮社)で未成年者の見えない貧困を知り、たわいない言葉しかかけられなかったことが今更ながら悔やまれた。
     
     もはや貧困は大人だけの問題ではない。日本では働かなければ学べないどころか、食べていけない子どもが増えているという。厚生労働省が発表した2016年の国民生活基礎調査によると、特にひとり親世帯の貧困率は深刻で、半数以上が貧困状態であることが判明した。
     
     日本の貧困は、アフリカの国々のように衣食住に困る絶対的貧困ではなく、世の中の標準的な所得の半分未満で生活しているという相対的貧困状態であるため、見過ごされやすい。しかし、自らを犠牲にしながら働き、SOSを発せない未成年者は想像以上に多いのだ。
     
     本書は客観的なエビデンスを用いつつ、未成年者やその親の本音を明らかにするルポルタージュ。高校生ワーキングプアを可視化してみると、現代の貧困の根深さが見えてくる。

    続きを読む