ダ・ヴィンチ - ワラウ

“出羽守論法”ってなに?「~では」からはじまる発言の思わぬリスク

2021年1月13日

  •  世間を賑わせているニュースなどに触れた際に、「こんな現象を前にも見た気がする」と感じたことはありませんか? 身近な物事には様々な文脈によって名前をつけられている現象が多くあります。今回は「出羽守(でわのかみ)論法」について解説していきましょう。


    「出羽守」とは元々、かつての令制国である「出羽国(でわのくに)」を治めていた長官の職を指す言葉。ですが最近ではその言葉の響きから、「~では」からはじまるタイプの発言を揶揄する表現となっています。


     具体的には「外国では日本と違ってこんな行為はありえない」など、日本と他国を比較する形で問題点を提示しようとするのが「出羽守論法」。比較対象としてはフランスやアメリカなど、欧米の先進国が挙げられることが多いようです。たとえば日本のブラックな労働環境を批判する議論や、青年誌などの規制をめぐる議論のなかで使用されてきました。


    「出羽守論法」は日本と比べて諸外国を理想化する傾向があるとも言われていて、不信感を抱いてしまう人も多くいるようす。ネット上では「自分の主張のために都合よく外国を持ち出してるだけ」「そもそも日本と外国では歴史や文化が違うんだから、単純な比較は難しい」「フランス人の友人やドイツ人の同僚から聞いたって話は胡散臭く感じるようになった」と批判する声がよく見られます。

    続きを読む