ダ・ヴィンチ - ワラウ

「天地無用」を「逆さま厳禁」に書き替えたらスゴイことになった

2021年1月12日

  •  日本語には様々な熟語や慣用表現がありますが、全ての意味を正確に覚えるのは至難の業。今回の記事では“誤用”しがちな言葉を3つピックアップして紹介します。いざという時に恥をかかないように、正しい意味を確認していきましょう。


     荷物を逆さまにしたり、ひっくり返すことを禁じる「天地無用」という言葉。郵便物のやり取りを日常的にする人にとっては常識かもしれませんが、実は誤った意味で使用されるケースも多いようです。


     文化庁が公開している平成25年度の「国語に関する世論調査」によると、「天地無用」の正しい意味を理解している人の割合は55.5%。約3割にあたる29.2%の人が「上下を気にしないでよい」と、正反対の意味で覚えていることがわかりました。


     2019年9月にはTwitter上で、「天地無用」を「逆さま厳禁」に書き替えたことで「運送事故がパタリと止まった」というツイートが大きな話題に。この投稿を見た人からも「字面だけ見ると紛らわしいから、天地無用って使わない方がいいのかも」「ストレートに逆さま厳禁って書いた方が伝わりやすい」といった反応が上がっていたので、誤解を招く表現であることは間違いなさそうです。

    続きを読む