ダ・ヴィンチ - ワラウ

池脇千鶴、草笛光子出演でドラマ化! 平均年齢70歳のホステスを描く『その女、ジルバ』――手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作

2021年1月8日

  • その女、ジルバ
    『その女、ジルバ』(有間しのぶ/小学館)

     1月9日より実写ドラマが放送されるマンガ『その女、ジルバ』(有間しのぶ/小学館)。40歳の主人公・笛吹新(うすいあらた)が、平均年齢70歳のホステスがもてなすバー“OLD JACK & ROSE”で働くことになる……というあらすじを聞いたときは、苦難を乗り越えて生きる女性たちの救いを描いた物語かな、とぼんやり想像していたのだけれど、言葉で簡潔にまとめられないところに、強く、深く、胸に突き刺さるものがあって「老いも若きも女も男も、四の五の言わずとにかくまずは読んでほしい……」と配って歩きたくなるマンガだった。


     大手百貨店のアパレル売り場から「姥捨て」と呼ばれる物流倉庫にまわされ、結婚を意識していた恋人にも去られ、くすんだ日々を送っていた新。四十女に肉体労働はきつい、お給料も心もとないけれど転職なんて考えられない、このままなんのアテもなく独りで老いていった先で、自分はどうなるのだろう……? と漠然とした不安を抱いていた矢先、目を留めたのがホステス募集の張り紙。そして、時給2000円、40歳「以上」という信じがたい条件につられて“OLD JACK & ROSE”に足を踏み入れたところから、彼女の人生はふたたび動きはじめる。

    続きを読む