ダ・ヴィンチ - ワラウ

ビックカメラはなぜ「ビッグ」でなく「ビック」? スペルミスではないみたい/毎日雑学

2021年1月14日

  •  ビックカメラという社名について、なぜ「ビッグ(big)」ではなく「ビック(bic)」なのか不思議に思ったことはありませんか?


     これはスペルミスによって誕生した社名ではなく、創業者が意図して「ビック」としたそうなんです。


     それでは、社名の「ビック」にはどのような意味や由来が込められているんでしょうか。


     それではさっそく「ビックカメラの社名の由来」について解説していきます。


     ビックカメラのロゴを見てみると、しっかりと“BIC CAMERA”と書かれていますね。


     そのため、ビッグカメラにしようとして間違えた訳ではなく、狙ってビックカメラという社名にしたことがわかります。


     それでは、なぜ「ビッグカメラ」ではなく、あえて「ビックカメラ」という社名にしたのでしょうか?


     続いて敢えて「ビック」とした理由について解説していきます。


    「ビック」はインドネシアなどで使われている、英語の“big”が語源のスラングとなっています。

    続きを読む