ダ・ヴィンチ - ワラウ

交際相手の選び方も授業で! 女子校あるある満載の「女子校研究エッセイ」

2021年1月11日

  • 女子校礼讃
    『女子校礼讃』(辛酸なめ子/中央公論新社)

     学生の頃、女子校に通っている友人を羨ましく思うことがあった。多感な時期だからこそ、「男子から選ばれるor選ばれない問題」に一喜一憂しなくてもいい学校生活に魅力を感じたのだ。


     そんな遠い記憶を思い出させてくれたのが、『女子校礼讃』(辛酸なめ子/中央公論新社)。どうやら女子校は幼き日の自分が想像していた以上に魅力的で、奥深い世界であるようだ。


     本書は、読売新聞オンラインの人気連載を書籍化したもの。自身だけでなく、祖母や母、妹も女子校出身者である著者がさまざまな女子校の在校生や卒業生にインタビューし、個性豊かな学校生活を紹介している。


     共学出身の筆者は正直、学校の授業でワクワクしたことがない。だが、本書には女子校ならではインパクト大な授業が記されており、驚いた。


     中でも、印象深かったのが、某カトリック系のお嬢様学校を卒業したTさんの話。Tさんが通っていた学校では高校3年生になると、修道女の校長先生が授業を受け持ってくれたそう。科目名は宗教だったが、実際の内容は独自のものだった。

    続きを読む