ダ・ヴィンチ - ワラウ

新年1発目から史上最悪のトラウマ回!? オープニング前に起きた約5分間の惨劇/アニメ「ひぐらしのなく頃に 業」第14話

2021年1月13日

  • ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編
    『ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編』上巻(著:竜騎士07、イラスト:里好/双葉社)

     2021年1月7日(木)に放送されたアニメ「ひぐらしのなく頃に 業」第14話。開幕早々に迎えた絶望的状況に対し、視聴者から「年明け1発目からトラウマ回」「グロさが目明し編と並ぶレベル」といった悲鳴が相次いでいる。


     圭一たちの活躍により、叔父の魔の手から無事助け出された沙都子。物語は着実にハッピーエンドへ進んでいるかのように思われたが、第13話ラストにてレナから「みーちゃんもしーちゃんも梨花ちゃんも沙都子ちゃんもみんなみんな死んじゃった!!!」という衝撃的事実が伝えられた。


     そして迎えた今回のエピソードでは、前話のラストで語られた“事の経緯”が明かされる展開に。圭一が沙都子の家を訪れている頃、レナ・魅音・詩音・梨花の4人は綿の供養祭“綿流し”に参加していた。


     はじめこそ和気あいあいとした雰囲気のまま物語が進むが、そこへ大石刑事が現れたことで雰囲気は一変。大石は血まみれのバッドを片手に梨花の前に立つなり、容赦なく彼女の首を絞め始めたのだ。

     もちろん周りがすぐさま止めに入るものの、大石は村人たちを次々と射殺。加えて梨花を助けようとした魅音と詩音まで撃ち殺されてしまい、最後はバットで梨花が殴り殺される結末に終わる――。


     ちなみにここまでの惨劇は、すべてオープニング前の出来事。加えて2021年最初の放送だったこともあり、ネット上では「初っ端から史上最悪の展開…」「開幕早々から絶望感がハンパない」などの反響が続出していた。


     惨劇から始まった新年1発目の同作。彼女たちの未来に救いはあるのだろうか…。


    アニメ「ひぐらしのなく頃に 業」
    放送時間:毎週木曜 23:30~
    原作:竜騎士07/07th Expansion
    監督:川口敬一郎
    出演:保志総一朗、中原麻衣、ゆきのさつき、かないみか、田村ゆかり ほか

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る