ダ・ヴィンチ - ワラウ

コロナ時代の妊活プラン

2021年1月13日

  •  女性特有のからだの不調やトラブルで悩んでいませんか。「お医者さんに行くほどではない…」「デリケートなことなので人には聞きにくい…」そんな体の悩みを、All Aboutガイドであり、ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長の清水なほみ先生に聞きました。自分のからだと向き合い、健やかに過ごす手助けとなってくれることでしょう。


    コロナ時代の妊活プラン

     2回目の緊急事態宣言が出されるという事態の中で、業種によってはまったく新しい発想ややり方が必要になる局面も多々発生していると思われます。


     産婦人科領域も例外ではなく、1回目の緊急事態宣言が出された時期には、一時的に「積極的な不妊治療は控える」という方針が打ち出されたり、実際に不妊治療を一時期中止していた病院もありました。現在は、「コロナを理由に不妊治療を控える必要はない」という見解に移行してきており、体外受精などの不妊治療も再開されています。


     そのような環境の中で、「妊娠を希望していたけれど今はやめておこう」という選択をする方が増えているというデータが集まってきているようです。厚生労働省の統計では、令和2年7月の妊娠届出数は6万9341件であり、前年同月の7万7811件と比較すると10.9%減との結果でした。当院の外来でも、「そろそろ妊活のためにピルをやめようかな」とおっしゃっていた方が、「やっぱり妊活は延期するのでコロナが落ち着くまでピルを続けます」と考えを変えられるケースが散見されます。

    続きを読む