ダ・ヴィンチ - ワラウ

教科書にも掲載されているジョブズの死生観とは? 池上彰と「死」について考える

2021年3月25日

  • 池上彰と考える 「死」とは何だろう
    『池上彰と考える 「死」とは何だろう』(池上彰/KADOKAWA)

     家から出ない日が続くと、つい考え事が増えてしまう。これからの仕事のことや、家族のこと、そして自分の「死」について…。いつ死ぬかわからないのに、今のだらだらとした生活で本当にいいのか。自分が死んだあとに、世に残るような仕事ができるのだろうか。そんなことを考え出すと、なかなか眠りにつけなくなる。

    「死」についてモヤモヤしているときは、一度本を読んで思考を整理してみるといい。本書『池上彰と考える 「死」とは何だろう』(池上彰/KADOKAWA)では、ジャーナリスト・池上彰さんが、科学、宗教、コロナ…さまざまな面から「死」について考える。「死」については、古今東西あらゆる人たちが恐れ、悩んできた。その知識や考え方を知れば、あなたの「死」へのスタンスも見えてくるかもしれない。


    池上彰と考える 「死」とは何だろう
    『池上彰と考える 「死」とは何だろう』(池上彰/KADOKAWA)
    続きを読む