ダ・ヴィンチ - ワラウ

災害対策は過去の歴史に学ぶ! マンガで知る地震・津波に対する教訓と心がまえ

2021年3月29日

  • マンガでわかる 災害の日本史
    『マンガでわかる 災害の日本史』(磯田道史:著、河田惠昭:防災監修、備前やすのり:マンガ/池田書店)

     未曾有の被害をもたらした東日本大震災から、今年で10年が経過した。地震と共に大津波による甚大な被害を受けた東北地方ではいまだ復興が進められているなど、多くの人たちにとって、当時のさまざまな経験は忘れられないものとなっているはずだ。


     災害は、いつ誰の身にふりかかるか分からない。だからこそ、過去の歴史に学び未来に備える必要もある。書籍『マンガでわかる 災害の日本史』(磯田道史:著、河田惠昭:防災監修、備前やすのり:マンガ/池田書店)は、災害史の研究をライフワークとする著者が綴った1冊である。


     世界的にも自然災害が多いといわれる日本の災害史をまとめた本書。著者の磯田道史さんは、映画化された『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』(新潮社)など、多くのベストセラーを持つ作家・歴史学者だ。


     そして、著書の執筆に注力する一方で、磯田さんのライフワークとなっているのが古くからの災害史の研究である。

    続きを読む