ダ・ヴィンチ - ワラウ

病理医って、どんな医者? “患者と会うことのない医者”が、「分業」での生き方・病気・仕事を語る新感覚エッセイ

2021年3月27日

  • ヤンデル先生のようこそ! 病理医の日常へ

     私は、イクラに興味がある。食べ物ではなく「医療系クラスタ」のことだ。クラスタとは、英語で果実の房であるとか同一種の生き物の集団などを意味する「cluster」から転じて、IT業界では複数のコンピューターを連携させ統合することを指し、ネット上だと同業者や同じ趣味に興じる人などを表すのに使われている。つまり、医クラとは医療関係者のことであり、SNSでそのアカウントを見つけてはフォローしている。ところが不思議なもので、SNSは独自のアルゴリズムによって閲覧者の興味を惹きそうな投稿を表示するはずなのに、『ヤンデル先生のようこそ! 病理医の日常へ』(市原 真/清流出版)の著者については最近まで知る機会が無かった。ツイッターで約13万人からフォローされている著者と出逢わせてくれないなんて、随分といけずなAIである。

     著者は、患者を直接診察せずに患部の組織や細胞を観察して病気を診断する「病理医」で、これまでにも一般向けに病院の選び方や、どこからが病気なのかといった本を上梓している。本作は自身の仕事を通して健康や病気のことだけでなく幸福論までをも語る異色のエッセイとなっている。

    続きを読む