ダ・ヴィンチ - ワラウ

「フリーランス」の理想と現実が生々しい! だからこそ役に立つ『フリーランスの進路相談室』 

2021年4月1日

  • 先輩たちが語る、自分らしく働くヒント フリーランスの進路相談室
    『先輩たちが語る、自分らしく働くヒント フリーランスの進路相談室』(Workship MAGAZINE/KADOKAWA)

     「フリーランス」という言葉と立場に、人はどういうイメージを抱くだろうか。「組織に縛られずに自由なんて羨ましいなあ」なのか、「生活が安定しなさそう、自分はムリ」なのか。しかし新型コロナウィルスの流行でオフィスへの出勤が激減したり、会社や仕事の状況が変わったり……というなかで、自分の今後を考え直している人も多いはず。会社員という立場から「フリーランス」へ、という選択肢が頭に浮かぶ……そんな人も中にはいるのでは?

     この本は、そんな人にうってつけの1冊と言えるだろう。「フリーランス」として生きるにはどうしたらいいか、さまざまな人達に異なったテーマで行われた、14本のインタビューがまとめられている。ナビゲートしていくのはフリーランス1年目のライター・ミホ、フリーランス3年目のエンジニア・ショウタという2人で、この2人がインタビュアーとなることで「フリーランスのリアルな悩み」を引き出すという構成。そのため、とても読みやすい。ただ、よくある“フリーランス指南本”には「フリーランスとして生きていくためのHOW TO本」といった感のものが多いが、これはもう1歩踏み込んだ内容が多いのが特徴だ。

    続きを読む