ダ・ヴィンチ - ワラウ

子供と共にドラえもんのマンガを読みながら、乗物の歴史と基礎知識が学べる一冊!

2021年3月31日

  • ドラえもん科学ワールド 乗物と交通
    『ドラえもん科学ワールド 乗り物と交通』(藤子・F・不二雄/小学館)

     読者の皆さんは「スペースX」をご存じだろうか。米国で2002年に設立された航空宇宙メーカーだが、そこで製作されたロケットが垂直着陸する映像に驚いた人も少なくないはず。銀色のツルツルボディと、火を噴きながら降りてくる姿に特撮ファンの間では「昔の特撮ロケットのようだ」との感想も。そういえば古い『ドラえもん』でもこんなデザインのメカが出てきたなと思っていたら、そのドラえもんと共に乗り物と交通の歴史と仕組み、そして未来を学べる一冊が登場した。

    『ドラえもん科学ワールド 乗り物と交通』(藤子・F・不二雄/小学館)は、乗り物の発明と歴史、最新技術を学ぶのに最適な入門書だ。21世紀も既に20年を超える現在、科学技術の利便性が身近すぎるせいなのか、その仕組みを意識しないでも利用できるが、果たして我々大人がそれでよいのか。本書には、好奇心旺盛な子供たちに質問されたときに困らないくらいの基礎知識が詰まっている。また各章のテーマに沿った『ドラえもん』のマンガが掲載されているのも見どころだ。

    続きを読む