ダ・ヴィンチ - ワラウ

最後まで読むと必ず最初に戻りたくなる!? 『お探し物は図書室まで』で本屋大賞ノミネートの青山美智子さんによる、6人の悩める人々の物語

2021年4月7日

  • 鎌倉うずまき案内所
    『鎌倉うずまき案内所』(青山美智子/宝島社)

     本屋大賞にノミネートされた青山美智子さんの『お探し物は図書室まで』(ポプラ社)で、迷える登場人物たちに導きを与えるのは白熊のように大きな司書の女性の「何をお探し?」という決めゼリフ。このたび文庫化された『鎌倉うずまき案内所』(宝島社)でその役目を担うのはふたりの老人だ。

     時計屋のわきにある狭い外階段を地下に降りていくと、たどりつくのが「鎌倉うずまき案内所」。何も置かれていない小さな部屋にいるのは、小柄な爺さんふたり。揃いの紺色ネクタイに、グレーのスーツ。同じ顔で、同じ背格好。彼らの第一声は、必ず「はぐれましたか?」。鎌倉の町で、目的地を見失って、さまよいこんだ語り手たちは、問われて気づく。自分は迷ったのではなく、人生の本筋から、あるべき場所から、はぐれてしまったのだと。そうして、誰にも吐露することのできなかった胸の内をぶちまける彼らに、老人たちは妙に軽々しく言うのである。「ナイスうずまき!」と。

     やりたい仕事ができずにくさっている編集者の青年。YouTuberになるから大学には行かないと宣言した息子を受け入れられない主婦。そして、恋人からのプロポーズをOKしたものの、価値観の違いから迷いを捨てきれない女性。教室という狭い世界で、居場所を守るのに必死で、大事な友人を傷つけてしまった中学生。才能に行き詰まりを感じている劇団主宰者。「ナイスうずまき」をもらった彼らは、それぞれ、老人たちよりある意味クセの強い所長による“儀式”で啓示をもらう。そして悩みのうずまきから、どうにか脱出していくのだが……。

    続きを読む