ダ・ヴィンチ - ワラウ

親子で知る“東日本大震災から10年後の物語”──「3.11」の記憶を風化させないために語り継ごう

2021年4月7日

  • きみは「3.11」をしっていますか? 東日本大震災から10年後の物語
    『きみは「3.11」をしっていますか? 東日本大震災から10年後の物語』(細野不二彦:著、平塚真一郎:著、井出明:著、河北新報社:著/小学館)

     2021年3月11日で、あの2011年3月11日に発生した「東日本大震災」から10年となった。メディアでは連日、追悼番組や検証番組が放送されたが、1週間も過ぎればほとんど取り上げられなくなった。現在はコロナ禍でもあり、やむを得ないことなのかもしれないが、それでもやはり10年の経過による「記憶の風化」を感じてしまう。特にいわれているのが、震災を知らない世代にどう伝えていくのか、ということだ。『きみは「3.11」をしっていますか? 東日本大震災から10年後の物語』(細野不二彦:著、平塚真一郎:著、井出明:著、河北新報社:著/小学館)では、子供たちに震災のことを正しく知ってもらうため、漫画や新聞社のデータなどを使って分かりやすく「3.11」を伝えている。

     本書は基本的に、震災を知らない世代のために作られているので、まえがきなどのメッセージも子供向けに発信されている。本文の文字も大きめで、漢字にはすべてふりがなが振られているので、小学生でも無理なく読み進められる作りだ。その体裁のうえで、震災で何が起こり、人々がどう受け止めたのか、さまざまな話や意見を収録。ちなみに本書の編集者が宮城県出身であるため、やはり宮城県を中心とした構成となっている。

    続きを読む