ダ・ヴィンチ - ワラウ

『サザエさん』3編通してカツオの有能ぶりが明らかに! 視聴者から「イイ男」「頭の回転の速さやばい」と称賛の声が続出!

2021年4月4日

  • サザエさん
    『サザエさん』14巻(長谷川町子/朝日新聞出版)

     3月28日に放送された『サザエさん』最初のエピソードは、作品No.8227「剣よりペンの穴子さん」。穴子さんは会社でマスオに「新聞の悩み相談欄に自分の投書が載った」として、「妻は怒ると暴力に訴え、私は生傷が絶えない」と妻の乱暴ぶりを愚痴ったものを自慢げに見せる。妻にバレたら大変だとマスオは驚くが、穴子さんは「匿名だから大丈夫。暴力に対してペンの力で立ち向かうのさ」とどこ吹く風。


     しかし、事を怪しんだ妻に問い詰められると、「これはマスオとサザエさんのこと」と咄嗟にウソをつく。その後、すっきりしない妻はカツオを呼び出し、マスオとサザエの関係を調査。「新婚のような仲の良い夫婦」とあっさりと穴子さんのウソをバラすも、「(穴子さんは)酔っ払うと、“俺には出来すぎた女房だ”とか、いつも“うちのやつが、うちのやつが”と惚気ている。だから僕はおばさんの名前は“うちのやつが”っていうのかと思ってました」とでまかせを披露。これに妻はすっかり機嫌を直し、結果丸く収まるのだった。

    続きを読む