ダ・ヴィンチ - ワラウ

給与額を自己申告!? ユニークな査定制度を採用するメリット

2021年4月26日

  •  基本的に給与の金額は管理職の査定などで決定されますが、最近はユニークな査定制度を採用している企業も増えているようです。中には「貰う側」が自主的に決めるという制度もあり、注目を集めています。


     例えばシステム開発などを行っている「アクロクエストテクノロジー株式会社」は、「Happy 査定360」という査定システムを実施。社員全員が査定会に参加して給与を決めているそうです。この査定会では互いの能力や成果について、社員一人ひとりが評価。それぞれが本音で意見をぶつけ合うことで、見えなかった貢献や努力などが可視化されたといいます。


     企業のデジタルマーケティングを支援している「株式会社TAM」は、社員の自己申告を基にした査定システムを採用。成果や貢献度などを自己評価し、会社と「交渉」をする形で給与を決めるようです。なぜこのような査定システムになったかというと、社員に自分の市場価値を自覚させるため。「BUSINESS INSIDER JAPAN」の取材に、代表の爲廣慎二さんは「フリーランスとか個人事業主の人って、『自分が市場で評価される人になるように』と考えるでしょ。会社特有のスキルではなく、市場価値のあるスキルを自然に磨く」「これって、会社員でもそうあるべきなんですよ」と答えていました。

    続きを読む