ダ・ヴィンチ - ワラウ

南極の氷が全部溶けたらどうなる?/地球の雑学クイズ

2021年4月30日

  •  地球上で起きていることには実はよくわからないことがいっぱい。雑学総研さんの『人類なら知っておきたい 地球の雑学』(KADOKAWA)で、理系雑学の達人を目指しましょう。


     次の質問の答えとして正しいものを選んでください。


    【問い】南極の氷が全部溶けたら、地球全体の海水面はどれだけ上昇する?  ○4メートル  ○30メートル  ○60メートル


    南極の氷が全部溶けたらどうなる?/地球の雑学クイズ

    【答え】60メートル


    【ポイント】 南極の氷は分厚く、その厚さは平均で2450メートル。もっとも厚い部分では4500メートルにもおよぶ。この氷は、何百万年もかけて降り積もった雪が溶けることなく圧縮されてできたもので、とてつもない重さで南極大陸を押し下げている。そのため、南極は大陸といっても、その大部分は海面下まで沈下しているのだ。氷が溶けてなくなると、南極の地盤は数百メートル隆起し、海水面が上昇する。その影響は南極周辺だけにはとどまらず、地球全体の海水面がおよそ60メートルも上昇するという。当然、海沿いにある街は水没する。日本では、東京23区が高層ビル以外水没し、東京オリンピックの会場予定地も海面下になる。ほかにも人口が集中している都市の多くが海の近くに位置しているため、主要都市は水没することになるだろう。

    雑学総研


    おすすめの動画はこちら

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る