ダ・ヴィンチ - ワラウ

身の丈にあった物件?『不動産大異変』で在宅時代の住まいと生き方はどう変わる?

2021年4月30日

  • 不動産大異変: 「在宅時代」の住まいと生き方
    『不動産大異変 「在宅時代」の住まいと生き方』(太田垣章子/ポプラ新書)

     新型コロナウイルスの影響から、私たちは自分の「住まい」について、より明確に考えることが増えたと言える。在宅勤務が増えたことにより今まで気にならなかった近隣の生活音やゴミの始末などの問題、家賃や住宅ローンの支払い問題などが浮き彫りとなった。

     そんな住まいについての問題や、コロナ後の住宅の実態を詳しく解説しているのが、『不動産大異変 「在宅時代」の住まいと生き方』(ポプラ社)だ。2021年4月14日(水)に発売された同書では、在宅勤務が定着してきたこれからの不動産の在り方や、リアルな不動産の実態に着目している。

     著者の太田垣章子氏は司法書士として登記をメインの業務として行う一方、資格取得直後から明渡し訴訟手続きも行ってきた異色の経歴を持つ人物。それは、家賃の支払いができなくなった人々を「住まいから退去させる」といった仕事である。そのため司法書士としてだけでなく、住まいとお金のスペシャリストでもあるのだ。同書以外にも、『老後に住める家がない!』『家賃滞納という貧困』『2000人の大家さんを救った司法書士が教える 賃貸トラブルを防ぐ・解決する安心ガイド』などを刊行している。

    続きを読む