ダ・ヴィンチ - ワラウ

夫のもとになかなか帰らない姉。弟が姉の部屋で見つけた驚きのもの/一穂ミチ『スモールワールズ』④

2021年5月3日

  • 6つの家族の光と影を描き出す6編からなる連作短編集『スモールワールズ』。本書に収録された1編「魔王の帰還」を全6回でお届け。「魔王」とあだ名される姉がなぜか実家に出戻ってきた! 高校生の弟はそんな姉に翻弄されながらも姉の「秘密」が気になって…。


    スモールワールズ
    『スモールワールズ』(一穂ミチ/講談社)

     森山姉弟は週三のペースで菜々子の店に通い、金魚すくいの練習をすることになった。菜々子によると、金魚すくいの大会を催す都市は全国にいくつもあり、その中では小規模なほうらしい。自分たちが出入りするせいでほかの常連客を蹴散らす結果になるのでは、と鉄二は危惧したが、子どもたちは初めおそるおそる、すぐに堂々とやってきて姉と鉄二に慣れた。どころか姉を見つけると「魔王だ!」と子犬のようにじゃれついていく。存在自体がアトラクションな姉はSwitchに負けず劣らず面白いのか、肩車をねだったり隠れんぼに誘ったり、その流れで鉄二までキャッチボールにつき合わされる日もあった。高二男子の放課後の過ごし方として正しいのか甚だ不安ではあったが、ちびっ子相手とはいえバットの振り方を教えて尊敬の眼差しを集めるのは悪い気分じゃなかった。学校では相変わらず遠巻きにされていたが、菜々子とだけは話せるし。

    続きを読む