ダ・ヴィンチ - ワラウ

「子ども中心」の授業の実践が教師の仕事をより面白くする! 教育書ベストセラー『深い学び』田村学先生に聞く、学校教育の変化

2021年4月26日

  •  今年から「大学入学共通テスト」がスタートし、日本の教育の変化を実感するようになってきた。実は小学校の現場でも昨年2020年度から新学習指導要領が全面実施され、授業のやり方もだいぶ変わってきているのだという。一体どのような変化が起きているのか。新しい学習指導要領に詳しく、現場の先生方から熱い支持を受ける教育書ベストセラー『深い学び』(東洋館出版社)の著者で、来月には、学習評価の具体的手順を『深い学び』からさらにバージョンアップしイチから解説する『学習評価』(東洋館出版社)を上梓する、國學院大學教授の田村学先生にお話をうかがった。


    田村学先生

    ――学習指導要領の改訂で、小学校の現場はどんなことが変わったんですか?


    田村学教授(以下、田村):大きくいえば「学習者を主体に学びを作っていく」ことに重点が置かれるようになりました。これまでは授業というと一方的に教師が自分の知識を教え込むイメージが強かったかもしれませんが、それを学び手である子どもを起点に考えていこうとしています。考えてみれば、学習主体である子ども自身が本気になって自分の将来に向けて学んでいくというのが一番力のつくやり方ですし、それを実践していこうというわけです。そのため国は「主体的・対話的で深い学び」というキーワードを示しています。

    続きを読む