ダ・ヴィンチ - ワラウ

横領したカネを高級ブランドと愛人に散財! “ミッキーハウス事件” 犯人の巧妙な手口とは

2021年5月4日

  • 5億円横領された社長のぶっちゃけ話
    『5億円横領された社長のぶっちゃけ話』(神行武彦/清談社Publico)

     2018年10月、兵庫県三木市で発生した、ある横領事件が世間を賑わせた。土木建築会社・神和商事やその関連会社から着服したとして、同社の元役員・北村緑受刑者が逮捕された事件だ。当初、北村が横領した金額は300万円と報道されたが、その後金額が膨れ上がり、判決が出る頃には約1億円の横領が発覚していたという。


     この事件が話題になったのは、その金額だけでなくカネの使いみちだった。彼女は、横領したカネで高級ブランド品や高級腕時計を爆買いし、複数の愛人と豪遊。会社のカネで家まで建ててしまったという。建築費2800万円のその家は、壁や内装、表札など、そこらじゅうにディズニーの人気キャラクター、ミッキーマウスのイラストが施されていたことから“ミッキーハウス事件”と呼ばれている。


     先日、同事件の被害者で神和商事社長の神行武彦氏が『5億円横領された社長のぶっちゃけ話』(神行武彦/清談社Publico)を上梓した。タイトルにある通り、ミッキーハウス事件の真相をぶっちゃけている。

    続きを読む