ダ・ヴィンチ - ワラウ

今も偉大なヒロイン真央ちゃん、フォトエッセイ『私のスケート愛』で当時の思いと近況を明かす

2021年4月27日

  • 私のスケート愛
    『私のスケート愛』(浅田真央/文藝春秋)

     真央ちゃんが、フォトエッセイ『私のスケート愛』(文藝春秋)を出版した。パラパラとめくると、生き生きと氷上を滑る真央ちゃんの写真の数々に心が温かくなる。今も彼女の表情や衣装を見るだけで、現役だった浅田真央選手のナンバーが頭の中に流れたり、当時の感動が蘇ったりするファンは多いだろう。


     現役選手としては、2016年の全日本選手権でのパフォーマンスが最後で、2017年に引退した。2018年からはプロスケーターとして、アイスショー「浅田真央サンクスツアー」を引っさげて公演をスタート。座長として、構成、演出、プロデュース、主演など、すべてを担い、アイスリンクのある都道府県を制覇する全国行脚。200回以上もの公演を成功に導いている。


     同書は、真央ちゃんが「第二のスケート人生」をどう過ごしているのかはもちろん、これまで折々でどんな思いを抱えていたかが率直に綴られている。フィギュアをスポーツだと強く意識していた現役時代、「16、17歳頃から純粋に楽しむことはできなくなっていた」という真央ちゃん。今はサンクスツアーを通じて、「スケートってこんなに楽しかったんだ」と明かしているのも印象的だ。

    続きを読む