ダ・ヴィンチ - ワラウ

会社のトップ5%の社員が習慣にしていることは? AI分析でわかった誰にでも真似できる習慣

2021年4月30日

  • AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
    『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』(越川慎司/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

     クロスリバーの社長として700社16万人の働き方改革の支援事業を行い、数多くの実践的なビジネス書を執筆している越川慎司さん。昨年9月には『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を刊行。ビジネスパーソンに「効率よく成果を出す方法」を紹介する本書は、2021年4月現在で11刷・発行部数6万8100部となり、幅広い層から支持を受ける話題書となっている。コロナ禍の今こそ読むべき本書の内容について、著者の越川さんに聞いた。


    越川慎司さん
    越川慎司さん

    ――“トップ5%”とは人事評価「上位5%社員」とのことですが、どういった経緯でその習慣についての本を書くことになったのでしょうか。


    越川慎司さん(以下、越川) 私たちクロスリバーはクライアント企業の働き方を変えて、生産性向上を実現するためのコンサルティングをしています。これまでに700社以上に支援を行ってきましたが、どの会社でもトップ5%社員は常に突出した成果を出し続けて、高い評価を得ているんです。そこで、トップ5%社員が「どのような行動、働き方をしているのか」という点に注目し、調査と分析を行いました。その結果、トップ5%社員の行動や働き方には驚くほど共通点が多くあることがわかったんです。しかも、それらは誰でもすぐ真似して実践できるぐらいシンプルなものでした。実際、それらを他の95%の一般社員に実践してもらう再現実験を行ったところ、8割以上の社員で成果アップを実感したんです。つまり、このトップ5%社員の習慣や行動は他の人にも適用できる非常に高い再現性があるということになります。それを1冊にまとめて紹介したのが本書です。

    続きを読む