ダ・ヴィンチ - ワラウ

【最新話レポ】「2人とも存在感えぐい!」マイキー&ドラケンの初登場に視聴者大盛り上がり/アニメ『東京リベンジャーズ』第3話

2021年5月1日

  • 東京卍リベンジャーズ
    『東京卍リベンジャーズ』21巻(和久井健/講談社)

    ※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。


     2021年4月25日(日)に放送されたアニメ『東京リベンジャーズ』第3話。東京卍會の総長・佐野万次郎(通称:マイキー)と副総長・龍宮寺堅(通称:ドラケン)が初登場し、視聴者からは「2人とも存在感えぐい!」といった興奮の声が続出した。


     前話にて、喧嘩賭博の主催者・将貴にタイマン勝負を申し出た武道。一方的に殴られ続けても「引けねぇ理由があるんだよ!」と諦めなかった彼の姿には、将貴だけでなく喧嘩を見ていた観客も動揺していた。


     武道が口にした“引けねぇ理由”とは、中学時代の恋人・橘日向に関するもの。東京卍會の抗争に巻き込まれて死亡した日向を救うべく、彼は12年後の未来からタイムリープして来ていたのだ。


     武道VS将貴の勝負が続く中、ふらりと現れたのが東京卍會副総長・ドラケン。後ろには小柄な男が1人ついてきており、「ねぇねぇケンチン」「どら焼きなくなっちゃったー」と場違いなセリフを放ったのだが――。

     ドラケンの後ろに控えていた小柄な男こそ、東京卍會総長・マイキー。彼は武道を気に入ったらしく、「タケミッチ 今日から俺のダチ」と武道に笑いかけていた。


     ドラケンとマイキーの初登場シーンは、多くのファンを盛り上げた模様。ネット上には「飄々としているけどじつは強いマイキーが本当にかっこいい!!」「ドラケンの威圧感ハンパないな……」などの反響が上がった


     とはいえマイキーは、東京卍會を犯罪組織に変貌させたキーマンの1人。宿敵とも言える東京卍會のトップと、武道は今後どのように関わっていくつもりだろう。


    アニメ『東京リベンジャーズ』
    放送時間:毎週日曜25:35~(テレビ東京ほか)/MBS毎日放送は毎週土曜26:08~、その他放送各局による
    原作:和久井健
    監督:初見浩一
    出演:新祐樹、和氣あず未、逢坂良太、林勇、鈴木達央

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る