ダ・ヴィンチ - ワラウ

【最新話レポ】東大を目指す話のはずでは……ドラマ『ドラゴン桜』第1話、いきなりキレッキレな阿部寛に視聴者大盛り上がり

2021年5月2日

  • ドラゴン桜2
    『ドラゴン桜2』16巻(著:三田紀房/講談社)

    ※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。


     2021年4月25日(日)に放送されたドラマ『ドラゴン桜』第1話。全校生徒の前に立った桜木建二(阿部寛)がいきなり辛らつなセリフを連発し、「初回から切れ味抜群すぎてワロタ」と視聴者を盛り上げたようだ。


     かつて倒産寸前・低偏差値の私立高校から、東京大学合格者を輩出した実績を誇る弁護士の桜木。その手腕を買われ、元教え子の弁護士・水野直美(長澤まさみ)とともに経営破綻寸前の龍海学園(偏差値32)の再建を任されることになった。


     桜木と直美を迎えた龍海学園で全校集会がおこなわれたのだが、集まった生徒たちの多くがスマホをいじり私語を交わして人の話を聞こうとしない。直美は“東大専科”の新設を報告しつつ「バカとブスこそ東大へ行け!」と啖呵を切るも、会場の空気をシラけさせてしまう。


     そんな状況を一変させたのが、直美に次いで登壇した桜木だ。彼は開口一番に「しらけたツラしてんなぁ。今のバカはバカヅラもできねぇのか」とピシャリ。生徒たちの視線を集めながら、「1日中やれスマホだゲームだ、毎日何となくボケーッとした日々を送ってやがる」「人間気取ってるくせに自分の頭で考えようとしないお前らなど東大の方からお断りだ」と厳しい言葉を並べ続けた。

     容赦ない桜木の言動に、ネット上では「東大目指す話じゃなかったっけ?」「ド正論すぎて逆に爽快感すら感じたわ!」といった反響が続出。これから先、桜木がどのように生徒たちと向き合っていくのか注目したい。


    ドラマ『ドラゴン桜』
    放送日:毎週日曜 21:00~
    出演:阿部寛、長澤まさみ、高橋海人(※高は正しくははしごだか)、南沙良、平手友梨奈 ほか

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る