ダ・ヴィンチ - ワラウ

猫好き必読! 家出した茶トラが夜の闇にいざなわれ、向かった猫の国とは……

2021年5月1日

  • なぁなぁ、あそぼ~!
    『なぁなぁ、あそぼ~!』(さいとうしのぶ/岩崎書店)

     猫と一緒に暮らしていて、在宅勤務の方たちは、こんな悩みを抱えていないだろうか? 猫と同じ空間で仕事をしていると、膝の上でまるまられる。というだけなら、重さを我慢すれば済むけれど(しかもちょっと幸せ)、机の上に飛び乗られれば、キーボードは打ちづらいし、ちょっと目を離した隙に意味不明な文字列が並んでいたり、リモート会議に乱入されたり。かといって、パソコンにばかり向かっているから拗ねているのかな、と相手しようとすればひらりと逃げていったりする、等々…その悩ましさも含めて猫の可愛さでもあるのだが、とかく気まぐれで気分屋な猫。そんな猫たちに世界はどう見えているのか――絵本『なぁなぁ、あそぼ~!』(さいとうしのぶ/岩崎書店)は関西弁をしゃべる(?)猫の視点で描きだす。


    なぁなぁ、あそぼ~!

     主人公は茶トラの子猫。チョウチョをふらふら追いかけているうち、見知らぬ土地にきてしまった茶トラは、偶然出会ったおかっぱ頭の女の子に「おなかへったし、もううごかれへん。たすけてぇ!」とじゃれつきまわす。家に連れて帰ってもらい、ちょっとひとやすみのつもりが、いつのまにか飼い猫に。おいしいごはんに、あたたかい寝床。いつも一緒に遊んでくれる女の子=おねえちゃんとの日々はこの上ない幸せだ。

    続きを読む