ダ・ヴィンチ - ワラウ

ついに“ジブリめし”が本に! スタジオジブリの作品から生まれた初の料理絵本『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』

2021年5月1日

  • 子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女
    『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』(主婦の友社)

     スタジオジブリ作品では日常が丹念に描かれるが、その中でもとくに記憶に残るのが、料理や食事シーン。おいしそうな食べものと、それを食べる人たちの表情や仕草が細やかに表現され、観ていると不思議とおなかがすいてくる。“ジブリめし”と称して、再現して楽しむ人があとをたたないほど、食のシーンが魅力的だ。


     そんな“ジブリめし”が、ついに本になった。『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』(主婦の友社)は、スタジオジブリが監修したはじめての料理絵本。最新作『アーヤと魔女』(監督:宮崎吾朗)からヒントを得た料理の数々が紹介されている。


    『子どもりょうり絵本 ジブリの食卓 アーヤと魔女』は、料理家・祐成二葉さんが料理を担当。アーヤにとって特別な料理として描かれている「シェパーズパイ」をはじめ、「アフタヌーンティーのカップケーキ」や「フィッシュアンドチップス」など、作品に出てくる料理の作り方を写真つきでわかりやすく紹介している。

    続きを読む